“写真で見る人型ロボット「Pepper」 “

10th 2016 年, 02

2014年にソフトバンクモバイルが発表した、新型のAndroidならぬヒューマノイド「Pepper」です。大きさはどれくらい? 握手ができるって本当? 充電はどこから?いろいろな疑問があることでしょう。
ソフトバンクモバイルが、世界で初めて人間の感情を認識するという人型ロボット「Pepper」を発表、2015年2月に19万8000円(税別)で発売しています。Pepperは感情エンジンとクラウドAIを備えており、人との対話を通じて成長していくロボットなのです。ちょっと会話がかみ合わないこともありますが、ある程度のフリートークも楽しめるのが特徴です。
Pepperのサイズは485(幅)×1210(高さ)×425(奥行き)ミリ、重量は28キログラムで、子どもくらいのサイズと重さです。頭部にはマイクやタッチセンサー、胸部にはジャイロセンサー、手にはタッチセンサー、脚部にはソナーセンサーやジャイロセンサーなど、さまざまなセンサーを搭載しています。頭、肩、肘、手、首、腰などは可動して、人間のようなコミカルな動きを見せてくれます。何かの拍子にぶつかったらケガをすることが心配されますが、各種センサーが人や障害物を検知して衝突を防いでくれるのです。

iPhoneも値上げ!ドコモのスマホの月内の買い替えがいいのか?

09th 2016 年, 02

実質0円で販売するような極端な価格の端末の適正化を総務省がから要請されたニュースが話題となりました。
そこで初めての動きを見せたのがドコモです。
2月から月々割り引きをして本体代実質0円としてきた機種が撤廃をされるそうです。
特に人気もあり、購入もしやすかったiPhone6sなどが、影響があるのではないかとされています。
結果一万円ほど値上げとなるので、今月中に機種変更を検討する人が増えるのではないかとされているのです。
ちなみにもう一つ要請されていたスマホの通信料の値下げがまだ何の発表もないので結果負担が増えるとの声もいろいろ上がっているそうで、ユーザーの中にも波紋を広げています。
個人的な話、私は通信料の高さから、電話をあまり利用しないので、スマホを解約して、主人の二台持ちのタブレット端末を利用しています。
そうやって消費者がどうにかやすく抑えようと四苦八苦しているのに、どんどん値上げだけ進むとユーザーにとっては困ったという声が上がるのは当然ですね。
おそらくドコモだけではなく他の会社も足並みを揃えると思われるスマホ業界。是非皆さんも損をしないようその動向を注視することをお勧めします。スマホの初期化と復元を学べば、深刻なトラブルも怖くない! | Galaxy

AlcatelのWindows 10スマートフォンが面白い

05th 2016 年, 02

各社からさまざまな新製品が発表された今年のCES 2016です。それでもモバイル関係では目立った動きは無く、フラッグシップモデルの発表は2月のMobile World Congressとなるようです。そのような中で、Windows 10スマートフォンにはちょっとした面白い動きがありました。Alcatel(TCL)から新製品が2モデル発表されたのです。実はWindows 10スマートフォンは海外ではまだMicrosoftのLumiaしかありません。他のメーカーもいくつか製品アナウンスは行っているものの発売時期は未定となっているのです。そのような中で2015年の年末に立て続けにWindows 10スマートフォンが発売・発表された日本が世界の先を走っているという面白い状況になっているのです。AlcatelのWindows 10スマートフォンの1モデル「Alcatel Fierce XL」はチップセットにQualcommのSnapdragon 210を採用していることからわかるようにエントリークラスのモデルだです。しかし、ディスプレイは5.5インチと大きく(解像度はHD)、メモリもRAM2GB+ROM16GBとがんばった仕様になっている。価格は100ドル台でアメリカのT-Mobileから発売される予定だということです。
 

スマホオタクが選択するau スマホ

02th 2016 年, 02

iPhoneもいいけど、auスマホ 自由性の高い Androidスマホがいいという声も最近たくさん聞くようになって来ました。アプリが充実しているからであり、アプリ重視と言うことなら、iPhoneを選択すると損したと言うことが今後あるかもしれません。

Androidスマホは、アプリをダウンロードすれば、端末仕様を操作もできたりするので、スマホオタクというような人たちは現在、間違いなくiPhoneでなく、Androidを支持しているようです。

そして、そのようなスマホオタクの人たちが選択しているスマホはと言えば、例えばXperia Z5 SOV32 です。是非参考にしてみましょう。

MNPを利用すると0円で手に入れることができるというの魅力。2300万画素のカメラを内蔵していて、5.2インチのワイド液晶です。今回のスマホ機種は、通話品質がより向上されていることによって、通話相手の声が聞き取りやすくなったとも言われています。

volte対応機種であることで、 圏外になる確率は他のスマホ機種より高くなってしまったとのことですが。

ドコモのスマホで、サクサク快適スマホライフするなら!こちら

スマートフォン(スマホ)はいわば「毎日持ち歩けるカメラ」

24th 2016 年, 01

最近ではカメラの機能性がさらに高まり、毎日の生活の中で「これ、いいな」と思う瞬間、風景、大切な人やペットなどを、手軽に残すことができるようになりました。もっと写真ライフが楽しくなるテクニックを学びたいですね。まずはスマホの持ち方をマスターしましょう。脇をきちんと締めて、スマホを固定します。もし近くにテーブルがあれば、スマホを持つ側のひじをつきましょう。ひじをつくことで1脚と同じ効果となって、さらに安定性が高まります。ズーム機能を駆使して、ひと味違う写真になります。スマホのカメラのほとんどは広角レンズなので、端にいくほど歪んで見えることになります。寄って撮影したい場合は、実際に近づくよりも、ズーム機能を使うと良いでしょう。被写体にフォーカスしつつ、背景にボケ味が加わって、雰囲気のある写真に仕上がります。ズームは使ってはだめという意見もありますがケースバイケースですよ。近くのイチゴにズームインして鮮やかなみずみずしさを捉えます。背景の葉っぱは柔らかな光に包まれている印象になりますよ。「あえて」逆光を使ってみましょう。普通では敬遠されがちな「逆光」を、あえてスマホで取り入れてみると
写真に奥行き感、立体感が出てドラマチックに変身します。さらにHDR機能を使うと露出補正を自動に行なってくれるので、逆光でも暗くなり過ぎる心配は無用です。

国によってはiPhoneは高級機なのです

21th 2016 年, 01

2015年の最新のiPhoneとAndroidの比較について、Androidがバージョンアップするにつれてサクサク感が向上して機能が充実しています。ここにきてiOSがAndroidを追いかける例も多数登場しました。iPhoneとAndroidのどっちがいいかは好みに左右されます。米IDCによると2014年の世界スマホ市場は、サムスンがシェア31.3%で首位となり、アップルは15.3%で2位、中国のファーウェイが4.9%で3位でした。OSの世界シェアはAndroidが81.5%(前年78.9%)、iOSが14.8%(前年15.5%)、Windows Phoneが2.7%(同3.6%)、その他が1.0%(同2.0%)となったのです。世界シェアではアンドロイドがシェアを伸ばして圧倒しています。ただ、新興国では安価な端末が多く入っているので、ハイエンドモデルも強い先進国の最新のシェアを見てみます。Kantar Worldpanelによると、2014年第4四半期(10月~12月)の米国スマホ市場では、OS別シェアは、iOSが47.7%、Androidが47.6%、Windows Phoneが3.8%でした。2012年10~12月期以来にiOSのシェアがAndroidを上回りました。ドイツではAndroidが71.0%、iOSが20.9%、Windows Phoneが7.4%です。英国ではAndroidが50.5%、iOSが42.0%、Windows Phoneが6.6%です。米国ではiPhone、独英においてはAndroidが首位となっています。日本ではiOSが60.2%と前年からは8.5%減少したものの、依然として圧倒的なシェアです。アップルの母国であるアメリカを差し置いて、日本は世界一のアップル王国なのです。

“スマホ バッテリーの問題をロウソクが解決 “

20th 2016 年, 01

スマホバッテリーの問題に頭を悩ませている人たちも結構多いはず。憂鬱なスマホバッテリー充電に、キャンドルタイプのアイテムなど使用してみてはいかがでしょうか。
キャンドルタイプで、何かストレスも解消されていく感じではありませんか。スマホ充電こそ、私達がイライラを募らせる場所と言うのに。
それは『Candle Charger』です。現在クラウドファンディングのサイト『Kickstarter』で資金募集中です。 ここに存在するのは、火を使って充電するというかなり異風なアイデアです。
停電時、太陽光発電は天候や日照に依存するし屋内ではできません。手回し充電器で発電できる量は少ないということで、確実にスマホ充電と言うことなら、これということになります。
『Candle Charger』が凄いところは、5オンスの水とたったロウソクがあればUSB電源として2.5Wの電力を供給出来ることにあります。
熱電発電装置、発電装置から出力される電力を、スマートフォンなど充電対象となるデバイスの要求に合わせて調整するスマート回路などここには凄い技術が集結しています。

本体を持つだけでロック画面表示!新しAQUOSスマホとは?

19th 2016 年, 01

洋服など、まだ寒いのに新しい春物が少しずつ年越しすると出るようになりますよね。
かといっても暖冬ですので、まだ冬がこれから本番のようにだんだんと寒くなってきています。
さて、そして新しい年になって、もうスマホの世界では春モデルが発売をするようになります。
スマホは本当にどんどん新しいものが出ていて、しかも少しづつ改良を重ね進化をしています。
スマホは正直、もう見た目には明確な違いがなくなってきつつあります。
画面の大きさにはもちろん違いはあるものの、カバーも色々と出ているので、正直カバーをつける人にとっては見た目さえもどうでもいいものです。
そうなると重要なのはもちろん中身です。
最近のスマホはどのように進化しているのでしょうか。
例えば12日に発表されたAQUOSのAndroidスマホですが、話しかけるとメモを残せたり、本体を持つと、自動で気にロック画面が表示される機能を搭載ししています。
カメラも手振れ補正の機能も付いていたりして、またAndroidならではの防水、防塵、おサイフケータイ、ワンセグも備わっています。
各社他のスマホとの違いを出そうと、色々と細かな部分に力を入れつつあります。
防水、防塵は当たり前で、その他の面白い機能や、独自アプリなどを強みに売り出しています。
昨年はiPhoneの一人勝ちだったスマホの世界にAndroidで大躍進してくれるような新しいスマホが今年出ることを密かに期待しています。http://www.lifehacker.jp/2015/09/150917_galaxyS6_battery.html

本体を持つだけでロック画面表示!新しAQUOSスマホとは?

19th 2016 年, 01

洋服など、まだ寒いのに新しい春物が少しずつ年越しすると出るようになりますよね。
かといっても暖冬ですので、まだ冬がこれから本番のようにだんだんと寒くなってきています。
さて、そして新しい年になって、もうスマホの世界では春モデルが発売をするようになります。
スマホは本当にどんどん新しいものが出ていて、しかも少しづつ改良を重ね進化をしています。
スマホは正直、もう見た目には明確な違いがなくなってきつつあります。
画面の大きさにはもちろん違いはあるものの、カバーも色々と出ているので、正直カバーをつける人にとっては見た目さえもどうでもいいものです。
そうなると重要なのはもちろん中身です。
最近のスマホはどのように進化しているのでしょうか。
例えば12日に発表されたAQUOSのAndroidスマホですが、話しかけるとメモを残せたり、本体を持つと、自動で気にロック画面が表示される機能を搭載ししています。
カメラも手振れ補正の機能も付いていたりして、またAndroidならではの防水、防塵、おサイフケータイ、ワンセグも備わっています。
各社他のスマホとの違いを出そうと、色々と細かな部分に力を入れつつあります。
防水、防塵は当たり前で、その他の面白い機能や、独自アプリなどを強みに売り出しています。
昨年はiPhoneの一人勝ちだったスマホの世界にAndroidで大躍進してくれるような新しいスマホが今年出ることを密かに期待しています。http://www.lifehacker.jp/2015/09/150917_galaxyS6_battery.html

光コラボ、格安SIMの料金競争、ミッドレンジ端末の台頭

13th 2016 年, 01

ドッグイヤーともいわれるモバイル業界では、2015年もさまざまな動きがありました。3キャリアが固定回線とのセット割を始めて、格安SIMの料金競争が激化しているのです。ハイスペック端末は例年と傾向が変わらなかったのですが、SIMフリーをはじめとしたミッドレンジ端末が増加しました。2016年になりました。ドッグイヤーともいわれるモバイル業界では、昨年もさまざまな動きがありました。2014年から続き、格安SIMと呼ばれるMVNOが勢いを増す一方で、そのMVNOに回線を貸すMNOは、固定回線とのセット割を始めたり、ポイントサービスを強化したりと、あの手この手あらゆる手でユーザーの流出を防ごうとしているのです。端末を見ると、キャリアの用意するハイスペック端末は、例年とあまり傾向が変わらなかったのですが、主にMVNOで利用することを想定して開発されたSIMロックフリー端末の勢いが増しています。2014年に発売され、ヒットを記録した「ZenFone 5」に続く端末も、続々と登場しました。この流れに乗って、Windows Phoneも日本で約4年ぶりに復活を果たしているのです。ハイエンドではなくミッドレンジ端末が台頭する反面、端末のクオリティに差が大きくなったような印象も受けます。事前の期待に応えられなかったスマホ端末が、ネット上で“炎上”するような事態になったのも、2015年を象徴する出来事といえるでしょう。このような理由はさまざまですが、「VAIO Phone」や、「エヴァスマホ」「UPQ Phone」などは、今までとは異なる形で話題を振りまいたスマートフォンといえます。