2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

スマホ カメラを使用してレストランなどで食事を一生懸命撮っている人たちを最近特に多く見かけますが、どうせなら出来る限り美しく撮りたいではありませんか。
テーブル一杯に広がった料理を撮影する時、スマートフォンを横に構えるという人たちが多いと思いますが、しかしここに美味しそうに見えない理由があるとも言われています。
料理は横よりも縦の方が美味しく見えてしまうのです。横と言うのは確かに料理全体を抑えることが出来ますが、ヤボッタイ画面になりがちです。そのヤボッタサが、食欲をそそらせない料理の写真を作りだしてしまうのです。
その時スマートフォンの写真を縦にするだけで写真に奥行きが生まれて、興味わく写真撮影をすることが出来ます。どの料理にピントを合わせるかということに意識をしていただきたいと思いますね。
何もかもを見せると言うのはそもそも欲張り過ぎで、相手に何らインパクトを与えません。ちょっと焦点を絞り奥はピンボケする程度がいいのです。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

頑張ってスマホ 比較
しましょう。ここでしっかりスマートフォンのメモリ(RAM,ROM)の容量を比較していただきたいと思います。 RAMこそがパソコンの物理メモリであり、複数のアプリが動作した時、快適かどうかの目安として捉えることが出来ます。
当然、RAMが1GB(1ギガバイト)よりも2GBの機種の方が動作が重たくなりにくい環境が作られると考えて問題はありません。
ROM(内蔵ストレージ)が何かと言えば、ROMはアプリ、写真、動画と言ったものを収納できるスペースの大きさを表しているようなものです。16GB~64GBが最近の多くのROM(内蔵ストレージ)です。
RAMの方は購入し変更することが出来ませんが、 ROM(内蔵ストレージ)の場合では、microSDの追加によって変更が可能です。それは、microSDXC対応のモデルならmicroSDXCによって64GB までも拡張が可能であったりします。ただし、microSDXC未対応のモデルなら、拡張できるのは32GB程度です。microSD未対応もあるので注意しましょう。
スマホ ギャラクシー

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

昨今のスマホは画面の大型化が進んでいる傾向にあるといってもいいでしょう。ですからコンパクトなスマホがいいという人にとっては途端に選択肢が少なくなってしまうのです。実際に通常スマホと呼ばれているスマホはすでに女性では片手で操作できる大きさではないとされていますし、実際に片手操作は従来の携帯くらいの大きさでないと無理でしょう。そのような中でもコンパクトタイプのスマホはAndroid端末に限ってになりますが、毎回新機種発表のタイミングで数機種発表されています。スマホの平均的な画面サイズが軒並み5型以上となっているのに対してそれ以下の4型台をコンパクトスマホと呼ぶしかないのですが、それに合致してるのがXperiaA4の4.6タイプです。5型との差がわずかと思う人も多いかと思いますが、0.5インチ違うとかなり大きさが違ってみえます。他にもTORQUE G02があります。逆にこの2機種しかない寂しさもありますが、スマホならこのくらいの大きさが欲しいというユーザーの希望に答えがのが現在のスマホの画面の大きさだといえます。もっとも逆にこのような大画面、さらに上に他タブレットのコンパクトタイプがあったりするのですが、そのような大画面のスマホがもてはやされる時代にあって敢えてコンパクトスマホを選ぶことも他の人と違うステイタス性があるのかもしれません。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

スマホのカメラ機能は秀逸で、現在のスマホのカメラ機能の解像度は2千万画素を超えたものも出てきました。遅れていたiPhoneも今回の6sで千万画素を超えましたし、現在の一般的なコンデジの画素数は1600万画素ですから、これだけを見るとスマホのカメラ機能はコンデジを凌駕しているといってもいいでしょう。恐らく普通に使う分にはスマホのカメラ機能で十分です。たとえばブログに載せるカフェの料理などはスマホのカメラで十分というかそれでもオーバースペックでしょう。スナップショットでもスマホで十分でしょうし、それではコンデジの存在価値は、と思う人もいるかもしれませんが、やはり細々したところでさすがにカメラ専用機といえる出来映えを見せてくれます。ですから、コンデジだからだめだということはありませんし、ちょっと前にコンデジよりもスマホのほうがいいという声もありますが、それでもやはりコンデジのレンズもシャッタースピードもスマホのカメラよりも質の面で上回っているといってもいいでしょう。肩の力を抜いて撮影するのがスマホには合っていると思いますし、それ以上のものはやはりコンデジに任せたほうがいいでしょう。もっともすでにスマホのみという人が多いとは思いますが。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

スマホのカメラ機能は秀逸で、現在のスマホのカメラ機能の解像度は2千万画素を超えたものも出てきました。遅れていたiPhoneも今回の6sで千万画素を超えましたし、現在の一般的なコンデジの画素数は1600万画素ですから、これだけを見るとスマホのカメラ機能はコンデジを凌駕しているといってもいいでしょう。恐らく普通に使う分にはスマホのカメラ機能で十分です。たとえばブログに載せるカフェの料理などはスマホのカメラで十分というかそれでもオーバースペックでしょう。スナップショットでもスマホで十分でしょうし、それではコンデジの存在価値は、と思う人もいるかもしれませんが、やはり細々したところでさすがにカメラ専用機といえる出来映えを見せてくれます。ですから、コンデジだからだめだということはありませんし、ちょっと前にコンデジよりもスマホのほうがいいという声もありますが、それでもやはりコンデジのレンズもシャッタースピードもスマホのカメラよりも質の面で上回っているといってもいいでしょう。肩の力を抜いて撮影するのがスマホには合っていると思いますし、それ以上のものはやはりコンデジに任せたほうがいいでしょう。もっともすでにスマホのみという人が多いとは思いますが。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/au/

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

横方向のスマホの比較はよくあるのですけど、一つの機種がどれだけ進化したのかも気になるところです。たとえばAndroid端末で人気のXperiaですが、ハイエンドのZシリーズで、この2年間の進化を見てみましょう。1年でも日進月歩の世界ですから、2年というとかなり進んでいるように思えます。もっともどの方向に向かっているかで進化の度合いも違ってきますから一概にはいえません。XperiaのZシリーズはこの2年で4ミリ薄くなりました。数字を聞くとそれほどピント来ないかもしれませんが、これはすごい技術です。それでバッテリーの消耗率が変わっていないのですから、その努力は並大抵のものではないでしょう。さらに部品の一つ一つがより小さくならなくてはいけませんから、薄さの中に技術の粋が文字通り凝縮されていると言っていいと思います。他にはメインのカメラですが、1000万画素が2070万画素ですから2倍ですね。これもスマホを持とうと気にさせるメインの機能ですから、メーカーも一番力を入れたところでしょう。さらにスマホの音源ですが、すでにCDを凌駕したハイレゾ音源が基本となっています。CD音源の情報用の3倍から6倍ということで、人間の許容能力をすでに超えているとされています。これには専用のヘッドフォンが必要になります。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

auはこの1,2年で一気にスマホ化が進みました。かたくなにガラケー派だった人も2014年に出たガラホが決定打になって機種変に走った人も多いことでしょう。ガラホはガラケーの二つ折りタイプにAndroidOSを搭載したタイプです。スマホでの通話に違和感のある人は間違いなくこちらですね。やはりきちんと通話できるような安心感がいいそうです。見た目はガラケーなのに中身はスマホ。もっともガラケーにこだわっていた人はメールと通話ができてたまにネットも、という人が多かったのですが、それはスマホでネットをしてもかまわないのですから、それを考えたら使い勝手がガラケーで中身がスマホというのは深く考えなければ十分に乗り換え可能ということです。それとauのガラホはLTEの高速通信に対応しているのもメリットですね。それと実はauの通話品質というのは帯域もあるのですけど、ドコモよりも悪いという認識が一般的だったのですが、ガラホは「VoLTE(ボルテ)」にも対応しているので通話命という人にはメリットも大きいでしょう。もっともLTEは今はどれも対応しているのでauのアドバンテージではなくなりましたけど、元々のauユーザーは通話品質でドコモと遜色なくなったというメリットはありますね。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

ヨドバシカメラ全店22店舗にて、無料Wi-Fiが利用可能になるサービス『ヨドバシ フリーWi-Fi』が9月16日より開始されました。事前の登録・申し込みなどは不要。手持ちのスマートフォンやタブレットから「Yodobashi_Free_Wi-Fi」というSSIDに接続し、ウェブブラウザで利用規約に同意するだけでWi-Fi接続できるという。ヨドバシアプリを使えばその場から商品を注文できますよ。その他にも商品情報の確認や価格比較アプリ、メーカー公式ウェブサイトの閲覧、レビューサイトの閲覧、SNSの利用などが可能です。ヨドバシ店内で自由にスマートフォンを利用できるようになったというわけですね。また店内のスマートフォン利用に関するガイドラインを一部変更しました。おかげで商品やイベントなどを撮影したり、そこで撮った写真をブログやSNSなどに投稿したりできるようになったんですよ。ヨドバシの宣伝にもなるし良いと思います。ただし!他のお客さんの迷惑になったり、個人利用の目的以外での撮影は禁止ですからね!スマートフォンはマナーを守って使いましょう。ヨドバシカメラではこれまでも店舗と通販サイトを統合するなどしてオムニチャンネル化を進めてきましたよね。今後も新しい形のショッピングスタイルを私たち消費者に提供してくれるものと思います。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

現在は3キャリアの違いが以前ほど明確ではなくなったようです。MNPするほどでもなければずっと同じキャリアを使い続けるのが永年割引きなどもあって一番いいのかもしれません。それでも各キャリアのここがいいというメリットがあるはず。たとえばauならではのメリットがあるようです。そのような中で実はauの一番のアドバンテージなのがWi-Fi接続なのです。どこも同じでしょ。というのはちょっと違ってキャリアの回線では通信量の制限があるためできるだけWi-Fiを使いたいものそれでもドコモならドコモのWi-Fiスポットを、ソフトバンクならソフトバンクのWi-Fiスポットしか利用できないのですがauはどのWi-Fiスポットでも使えるのです。これこそがauの最大のメリットとなりえるのですが、それほど知られていないのはその効果の絶大さに気づいている人が少ないのか、auのWi-Fiスポットが多いからなのかは謎ですが、街中ではWi-Fi接続が一番しやすいのがauであることは疑い用のない事実です。
このあたりはしっかりと宣伝したほうがいいと思います。もっともいずれはドコモもソフトバンクもWi-Fiスポットを増やしていけば同じことになります。それまではauの優位性を享受したいものですね。

2015 年 9 月 のアーカイブ

スマホ カメラで料理を美味しく

30th 2015 年, 09

後を追うソフトバンクというと語弊があるかもしれません。それでも3大キャリアの中では今でも3番手がソフトバンクなのです。テレビCMなどが頻繁に流れていますし、人気もありますから、さぞや勢いがいいのかと思われますが、後続のキャリアになりますから、いまだに追いつけ追い越せの立場にあるということです。一時はauの凋落もあって追い抜くところまでいったのですが、おそらくiPhoneを他のキャリアに先駆けて取り扱った勢いがあったのでしょう。周波数帯で不利な面もあり、つながりにくいというレッテルが貼られたのが今も尾を引いていてソフトバンクはつながりにくい、すぐに圏外になるというイメージはいまだに払拭はされていないようです。実際には都市部では問題なく地方で若干他のキャリアに負けるくらいというところです。もっとも人が住んでいるところはほぼカバーしているということですから日常的には全く問題はなさそうです。ドコモもiPhoneを取り扱うようになって久しく、機種の差ではなくこれからはサービス勝負、さらには格安スマホの台頭などソフトバンクも決して安泰ではありませんがチャレンジ精神を押す声は多く、ソフトバンクならついていくというユーザーが多いのも特徴ですね。