2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

日本は地震の多い国です。地震だけではなく台風や洪水などの災害も頻繁に発生します。一昔前であれば災害時にラジオが役立つと言われてきましたが、現在ではスマホがあればニュースを見たり、家族や友人の安否確認もしたりできるため、非常に重要なアイテムとなっています。しかし問題はこのスマホ充電が災害時は難しいということです。電気が止まってしまった場合にどのようにスマホ充電をすることができるでしょうか。方法としては四つほどありますが、もっとも一般に用いられているのはモバイル充電器でしょう。普段の生活でも使える優れもので、多くの方がスマホの充電が切れてしまった時のために使っているものです。ただし、モバイルバッテリー自体にも充電が必要なため、長期間の停電が起こった場合には使えません。そんな時には乾電池式充電器があります。災害バッグに乾電池を入れて、いざという時に備えておきましょう。太陽光を利用したソーラー充電器もあります。太陽光さえあれば充電できますが、高額であるという点と充電速度が遅いという欠点があります。労力を惜しまなければ手回しの充電器もあります。スマホ充電のための機材はいくつかありますので、災害に備えて今から準備しておきましょう。

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

Androidがどんどん良くなっているなと感じませんか?
iPhoneに比べると最初の頃は動作も遅く、バッテリーの悪く、アプリもイマイチだったと昔感じていたかもしれません。
でも今のAndroidは、動作もスムーズになり、バッテリー容量も大きくなって、プリモ様々なものが出るようになりました。
その結果を反映するように2015年4月〜9月のスマホ購入者は昨年よりもAndroidを選ぶ人が多くなっています。
とはいえ、だいたい半分ずつぐらいでシェアを分けるような結果。
アップル一社のシェアがものすごい数であることは変わりありません。
これってものすごいことだと思いませんか?
それだけスマホに関してはアップルの技術が支持されているということです。
ちなみにスマホの購入した人の満足度は下がっているようです。
携帯電話からスマートフォンに変わったときには、その性能の圧倒的な違いや、画質の違いに驚いていた消費者も、だんだんと慣れてきて見る目が厳しくなっていると思われます。
確かに昔に比べ、消費者である私たちにもたくさんの知識が付きました。
そしてできて当たりえという「基準」自体が上がっていると思われます。
これからAndroidがもっと革新的な進化を遂げて、アップルのシェアを奪うのか、はたまたアップルがまた驚きの機種を発売するのか、今後のスマートフォンの進化に大注目です!

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

今では大手キャリアもいくつかの商品をコラボレーションして提供することが増えてきました。変わったところでは電力の提供と通信料をセットで販売するというプランもあるようです。ドコモではドコモショップ店頭で保険募集代理業務を行うことを発表しました。ドコモショップの店内に専用のカウンターを設けて、そこで保険の申し込みを受け付けます。扱われる保険は日本生命やその他の数社の商品で、自分にぴったりの保険を見つけることができる事でしょう。2016年の夏から業務を開始し、その後順次取扱店舗を増やしていく予定です。ただし保険自体は各保険会社と契約するため、ドコモの利用料金と保険料を合算して支払うということはできません。日本生命を含め保険会社が提供するのは生命保険です。生命保険というと保険代理店が勧めるものを検討するのが一般的でしたが、ドコモショップで選べる保険の選択肢が広がるかもしれません。さらに生命保険に加えてドコモのスマホから加入が可能な損害保険や医療保険も併せて申し込むことができます。ドコモは全国に約2,400店舗もあり、保険がさらに便利になるのは間違いないでしょう。保険の新規加入を検討している方は、一度ドコモショップに行ってみるのも良いかもしれません。

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

世界的に見てもiPhoneがこれだけ安く購入できるのは日本だけのようです。というのも海外ではiPhoneは定価で購入することがほとんどでそうなると10万円という価格になってしまいます。これをそのまま日本に当てはめるとさすがに購入する人は少ないでしょう。恐らくキャリアなどがシェア拡大のために涙ぐましい企業努力をしているのだと思います。一説には端末代を安くするために通信通話料を下げることができないという口コミまで広まっているのです。海外に目を向けてみると割引をしなくても購入できるスマートフォン、ほとんどがアンドロイド端末ですが、日本の感覚で1万円で購入できるというのはかなり魅力でしょう。日本では実質0円ということですけど、この実質0円と言う言葉にだまされている人が多いのですが、どこかで相応の負担をしているものです。ということで海外では圧倒的にAndroidという図式になってきます。格安スマホと言う言葉も日本でやっと定着してきましたが海外では格安スマホが当たり前です。そのことから考えると日本もこれから格安スマホの時代が来そうな気がします。そうなれば全体の料金が下がっていくようになりますから、これからが楽しみですね。

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

スマホのバックアップは日頃から気をつけたほうがいいでしょう。iPhoneユーザーでしたらiCloudがあるから大丈夫と思っている人も多いでしょう。それでもiCloudはWEB上のサーバに保存するので容量が限られています。数ギガもあるような写真データは恐らくそれだけで溢れてしまうでしょう。ですのでバックアップデータは住所録などの軽いデータのみに設定せざるをえません。そのため画像などは自宅のパソコンに転送するか最近では同じWEB上に撮影した画像データを直に保存できるWEBストレージサーバが人気です。Android端末はiCloudのような標準でバックアップしてくれるアプリは用意されていません。その代わり高性能なバックアップアプリが多数存在しています。一番いいのはスマホをケーブルでパソコンとつないでデータを直接パソコンにコピーする方法です。これが一番確実ですし、大量データになるとスピードも速くて快適です。パソコンがなくても助かるのは外部メモリがあることですね。それを取り替えることによってどんどん保存できるところがAndroid端末のいいところでしょう。もっともiPhoneがその点で不親切という向きもあるのですが、ユーザーに余計な操作はさせたくないというアップル伝統のユーザーライクな操作性が生きているという点でも興味深いです。
こちら

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

Androidユーザーは日本国内ではiPhoneユーザーに拮抗あるいは負けている状況にあります。確かに電車の中を見渡してもなんとなくiPhoneをたくさんみかけるように思います。Androidは何故劣勢なのか、iPhoneのどこがいいのか、さらにAndroidのメリットは?といった視点で考えてみると、まずはバッテリーについて考えてみます。これについてはAndroidがやや優勢かなというところです。というのもバッテリーは日々進歩しています。数ヶ月前よりも現在発売されている同型機種のバッテリーのほうがより高性能になっているのです。Androidはそのバッテリー効率がよくiPhoneよりも持ちがいいとされています。さらにバッテリーの交換が用意で上述したように最新のバッテリーを使うことでさらに持ちの良さを実感することができるのです。iPhoneの場合はバッテリー内蔵型なので、バッテリーが劣化したも引きずって利用する傾向にあるのでさらにバッテリーの劣化に悩まされてしまうのです。バッテリーについてはAndroidのほうに分があると考えてもいいでしょう。しかし、これがアクセサリーになるとAndroidの完敗です。形状に変化のないiPhoneはアクセサリーも合わせやすく、Androidの何百倍も品揃えが豊富なのです。
android バックアップ

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

KDDIは10月9日に、iOS版の「GLOBAL PASSPORTアプリ」をバージョンアップしました。海外旅行前の準備から帰国まで、旅行全行程のあらゆる場面をサポートする機能が充実しています。主なアプリの機能は以下の通りです。①「アプリからのお知らせは、海外旅行先のフライト情報などをあらかじめ登録しておくと、パスポート期限確認夜会がい旅行先の出入国に必要な書類の書き方など、呂以降の工程に合わせた役立つ情報を通知してくる機能です。②「パスポート情報登録」では手持ちのパスポートの情報を登録していると、期限確認をしてくれるだけではなくて、出入国書類の書き方などに登録情報を反映して書き方がよりわかりやすくなります。パスポート情報になると手入力の他にカメラなどで撮影したパスポート画像などを読み取ることで自動入力することもできます。「かんたん検索/保存」では、渡航先の国や都市名を入力すると、その場所の観光、おみやげ、為替、現在の天気などを検索して表示したページをアプリ内に保存できます。保存したデータはオフラインでいつでも見ることができるので飛行機内などネット接続ができない環境でもチェック可能となっているのが嬉しいところです。また、海外での定額自動判定などもできるなどその用途は際限なく広がっています。

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

サービスの点でソフトバンクは他キャリア、auやドコモよりも劣っているという調査結果がよくでます。逆にドコモが常にサービス部門では高い評価を得ているのとは対照的で、今ではソフトバンクはサービスが・・というレッテルが貼られているようにも思えるのです。それにしても本当にそうなのでしょうか。ソフトバンクがキャリアの中でも後発であるがゆえに料金などの点で常に先陣を切ってくれたおかげで今日の料金体系になったことは疑いようのない事実です。それでも今は格安スマホも認知されて、売れている時代になってきて、ソフトバンクの存在がなければまだまだ高い料金体系のままだったかもしれません。それだけ、格安料金にこだわるイメージからその分サービスがなおざりになっているというレッテルが貼られたように思えます。どの会社でもサービス面に抜かりはないです。サービスが悪ければそれだけでキャリアを変えてしまおうということにもなりかねないのです。安さに走るあまり、その分サービスがということになるのです。満足度よりも大事なのはキャリア会社の誠意でしょう。そういった面は会社イメージを上げるためにどの会社も大切にするところですから、ソフトバンクも同じことなのです。

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

スマホを下取りに出すうえで、初期化は絶対にしなければならないことの一つです。もし初期化していなければ持っていた写真や連絡先などがすべて流出してしまうからです。しかし初期化したと思っていても、そして一見しっかり消えているように思えるとしてもデータが残ってしまっている恐れがあるのです。そこで初期化してデータを完全に消す方法があります。まずデータを暗号化します。実は多くのスマホはパソコンに接続すると初期化してもデータを読み取られてしまうことがあるからです。そこで設定から端末の暗号化を選ぶことによってその流出を防ぐことができます。ただし暗号化は電池の残量が多い時に、もしくはバッテリーにつなぎながら行いましょう。続いて今度は端末の初期化を行います。設定から行うことができますが、この時SDカードのデータも消すよう指示しましょう。そうすれば初期化後にスマホの中のデータを完全に消すことができるからです。ただし初期化の前にバックアップがしっかりとってあるかを確認しましょう。こうした手間をかけることによってデータが誰かの手に渡ってしまうことを防げるのです。ぜひスマホを下取りに出す際にはしっかりと初期化をするようにしましょう。

2015 年 10 月 のアーカイブ

災害時のスマホ充電

30th 2015 年, 10

今では格安スマホを購入する人もどんどん増えてきています。
そして、格安スマホがどんなものなのか知りたがっている人も増えているのではないでしょうか。
あまりスマホを使用しない方や、2台目が欲しいなんて人にはとってもいい格安スマホ。
これからも、またサービスなどもどうなってくるのか見ておきたいものです。
しかし、格安スマホもきちんと選んで購入をしたいものです。
少し前とは違い、格安スマホの種類が出てきている分、比べていかなくてはいけないですね。
格安スマホ、容量、デザイン、料金などなど違うはもちろんあります。
なので、自分がどこを重視するのかによって格安スマホ選びもするといいですね。
そして、格安スマホはSIMカードを取得すれば、定額の料金プランなどを利用できる場合もあります。
ちょっと選び方は難しいような気もするのですが、購入をする時は色々な情報を見て比べてみてください。
そうすれば、格安スマホもお得に便利に使用をしていく事ができますよ。
スマホも同じようなものを使用しがちなのですが、同じものばかり購入をするのではなく、格安スマホに目を向けるのもいいのかもしれません。Galaxy