2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマホカメラのレンズはスマホについているだけと思っていないでしょうか。スマホについているカメラだけでは、きれいな写真は取れても、接写や望遠はできません。もっと被写体の幅を広げるために、マクロレンズや望遠レンズを利用してみると良いかもしれません。マクロレンズを使えば、花の花弁などを美しく撮ることはもちろん、花弁の表面にある起毛部分まで撮影することが可能です。商品にもよりますが、あるマクロレンズは直径が約2cm、重さが5.2gと小型で、スマホのストラップとして付けることができます。必要な時にサッとつけて使うことができる優れものです。一方で望遠レンズは、直径3cm、重さ14.5gとマクロレンズと比べるとやや大きめですが、やはりストラップのように持ち歩くことができます。簡単に取り付けて写真を撮影することができ、シャッターチャンスを逃しません。しかも普通のデジカメよりも拡大できたりきれいに撮れたりするレンズなので、大変便利です。お子さんの運動会などがあれば、遠くからでもスマホカメラでお子さんの活躍を写真に収めることができます。一眼レフとまではいかないまでも、それに近い画質のスマホカメラになるレンズを、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマホ 比較しましょう。 Disney Mobile on docomo DM-01G、東京ディズニーランド大好き、ディズニーキャラ大好きという人たちならこのスマートフォンに目が行き離すことが出来ないでしょうか。ミッキーウィンドウは、 Disney Mobile on docomo DM-01Gの最大なる特徴であり、魅力です。
ミッキーウィンドウで、直接にスマホ画面に触れることが出来ます。ミッキーウィンドウを、時計、万歩計、音楽プレイヤー、どのように使うのかはみなさんの自由です。
細部にまでこだわったディズニーを楽しむことが出来、それほどハイスペックということではありませんが、これほどまでに私達を楽しませてくれるのなら、全然この程度のスペックで大丈夫です。こんなスマホを持てば毎日がうきうき出来そうです。
実際にスペックが不十分というものの、一年前だったら、充分通用出来るスペックです。私達が日常生活でスマホを使うにあたり、それほどスペック重視しないでも、全然大丈夫ですったら。このスマホで不自由することなんてあるはずはありません。
 

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマートフォンのような、ガラケーのような、高齢者の人たちもスマートフォンはちょっとと思い、いつの間にかスマートフォンを手に出来ているという商品があります。スマホ比較してそれが今回おすすめしたいARROWS ケータイ F-05Gです。
見かけは、ディスプレイは約3.4インチとガラケーであり、ガラケーでも高齢者の人たちにも優しくちょっと大きめという感じです。機能もしっかり備わっており、カメラの画素数は810万画素というので、iPhoneと何ら変わらず、この程度なら全然問題はありません。
スマートフォンで写真?いえガラケーでキレイな写真を写しましょうよ。このガラケーはバッテリー問題も、ストレスを感じさせない程度です。重量は約129g重すぎず、軽すぎずという感じです。どの程度のガラケーが丁度いいかということをしっかり追求してくれています。
ただし、おサイフケータイ機能が入っていないと言うのはちょっと不便かもしれませんが、防塵・防水機能、赤外線通信機能はばっちりです。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

格安を選択する時、スマホ バッテリーはどうかということも追求していかなければなりません。出来れば、格安スマホに対しても2000mAh以上ということは気にして購入すると良いでしょう。
現在、実際に10000円で購入出来るという超激安スマホというものもあります。しかしやっぱりそのようなものはほとんどが3G回線オンリーということであり、4Gに対応というのに無理感があります。
4G対応のスマートフォンと言えば、15000円から20000円程度ならば見付けることが出来ますので、せめてここまで価格にゆとりを持つべきでしょうか。
SIMはdocomoの通信エリアをカバー出来ているから大丈夫というものの、スマートフォンが対応出来ていないということなら全然意味がありません。対応バンドは問題ないかということも格安スマホについて追求していかなければならない問題です。地方や山間部で使用するという場合、対応バンドが少ないとそもそも繋がらないという現象が起こることになります。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマホはいつも持ち歩く携帯性の高いものだけに、気軽に音楽が聴けるのはとても嬉しい機能です。ウォークマン世代だった人には通話やネットができる上にミュージックプレイヤーにもなるという当時のことを思うとまさに夢のアイテムということができるでしょう。ですが、スマホで音楽を聴きたくても、そのスマホに自分のお気に入りの音楽を取り込む方法がわからなくて活用できていない人も意外と多いのです。ここでは、パソコンから簡単な方法でスマホに音楽を取り込む方法を紹介してみます。一頃前まではミュージックプレイヤーに音楽を入れるのはパソコンがないと不便というかそれ以外に方法がない時代が長く続きました。メーカー独自の方法もあったのですが独自性が強くて長続きもしなかったのです。それが現在はネットからいくらでも音楽を取り込むことができるので、誰でも簡単に自分のスマホに音楽をセットしてお気に入りの曲を楽しむことができるのです。CDの売り上げが減少したということが言われていますが、その代わりにネットからの購入が増えているのも時代の流れでしょう。そのまま自分のスマホに音楽をセットするのですから、便利なことこのうえないといえるでしょう。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマホを使っていて困るのが、やたらとスマホ本体が熱くなる時があることですね。夏場は「スマホのこの熱さ、ヤバいんじゃないの!?」というぐらいスマホが熱くなって、扇風機やクーラーの風に当てて冷ましたことがあるという人もいるのではないでしょうか。さらに困ったことに、そんなときはバッテリーももの凄い勢いで減っていくんです。また、夏場は特に注意をしなければならない厳禁行為が、熱い場所にスマホを放置することです。直射日光が当たる場所や、車のダッシュボードの上など、熱くなる車内にスマホを放置すると、バッテリーが破裂して火災が起こる可能性まであります。実際に車内にスマホを放置したためにスマホが爆発して、車が火災になったケースも報告されているのです。くれぐれも、車内にスマホを置きっ放しにするようなことはやめましょう。それでは、早速ですが「スマホの熱問題」について色々と調査して、実際に試して効果があったものがあります。スマホが熱くなる原因はどこにあるのかをまず探らなければならないのですが、考えられる可能性としては以下の4つです。「CPUが発熱している」「バッテリーが発熱している」「あるいはその両方」「放熱性の悪いスマホケース・カバーを付けている」などがあるのです。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマホ 比較すればやっぱりdocomoと言う人たちも多くいます。
大手キャリアに依存すると言うのは安心出来ることなのです。料金はともかく、電波状態の良さで、最初に信頼をゲットしている会社と言うことが出来ます。
とにもかくにも携帯電話は電波が命なのです。mova・ムーバで端末の小型化を実現したというのもdocomoのお家芸です。docomoはmovaを皮切りにして、高性能、個性派端末の開拓をどんどん追求して行くことになります。らくらくホンという時代に逆行したスタイルを確立しのもdocomoです。時代はどんどんいろいろな機能を重視し複雑化の傾向に進んで行ってしまうことになります。
一歩立ち止まりユーザーのことをしっかり見つめた結果がこのらくらくホンです。かなり革命的アイテムとして捉えることが出来ます。
そしてdocomoが一番最初にXperia SO-01Bを発売しました。Xperiaこそが、iPhoneと戦うことが出来る機種では。iPhoneにだけスマートフォン市場を許すということは出来ません。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

写真を撮るならスマホかコンデジかという記事をよく見かけます。コンデジとスマホを両方持ち歩いている人も多いと思いますが、まだまだコンデジで写真をそれなりにきちんと撮影したいという気持ちが強いものの、手軽さとSNSへそのままアップすることを考えると、スマホでの撮影機会が増えていることも確かですね。たとえば旅行の際でも、荷物を少しでも減らそうと、あえてコンデジは持たずにiPhone6sの内蔵カメラだけで通してみるという選択肢もおおいにありでしょう。結果として、普通に旅行して記録するくらいなら、これでもう十分だなという感想を持つ人が多いのです。勿論、後から「ここはもう少し解像度が欲しい」とか「コンデジならもう少しなんとかなった…」という部分はあるのですけど、だからといって使いものにならないと言うわけでも無いし、その写真を使って何か写真集でも作るわけでも無い、といったことになると、十分納得できる範囲に収まってしまうのです。もっとも多くの人が感じるのはやはりスマホカメラは手軽だよね、ということです。ポケットからスッと出してぱっと撮影出来るのがやはりスマホカメラの大きなメリットでしょう。コンデジをポケットに入れて歩いている人はなかなかいないですからね。
スマホカメラ撮影テク

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

スマホ 充電問題はとても大事な問題です。 スマートフォンには2次電池が内蔵されており、 その電力で通信・通話から液晶パネル表示に至るまでをまかないます。
スマートフォンはそれぞれ大きさ・重さの質量でバッテリーパワーが決定されて行きます。内蔵バッテリーに電気を供給すると言う時には、 USB(USB 2.0)を使用すると言うことになりますが、このUSB 2.0が供給できる電力は、500mAと定められています。
ただしスマートフォンに付属のUSB-ACアダプタの電流はそれより若干大きい600~800mAという感じでしょうか。
みなさんは「急速充電」
という言葉も最近では頻繁に聞くことがあるかと思いますが、それは、付属の充電器・USB-ACアダプタの電流をさらに大きくして実現しています。
1800mAなどUSB 2.0の規格値を遙かに超え出ているものです。 急速充電は急速充電対応のスマートフォン、そして急速充電対応の充電器がしっかり揃っていなければその真価を発揮することが出来ません。

2015 年 11 月 のアーカイブ

スマホカメラのマクロレンズ・望遠レンズ

29th 2015 年, 11

au スマホ iPhoneの目に向ければ、Androidと比較してなかなかGBの伸び悩みがあったようです。Androidには2GB、3GB と言うものが当たり前に存在しています。iPhoneはAndroidよりも落ちるのかななんてGBだけ見れば思ってしまうかもしれないですよね。
しかし実際にはそれでもiPhoneの方が快適と言う結果も出ているほどです。GBだけで正しい比較をちょっとすることは出来ないようです。iPhoneというスマホは、少ないメモリでも高いパフォーマンスを発揮出来るように作られているようです。
AndroidはiPhoneの4~8倍程度のメモリを消耗してしまう為、必然的に高いGBを求めていかなければなりません。実際にメモリが多ければ多いほどいいと言うことでもありません。
デメリットとしてメモリを多く搭載すればそれだけスマートフォンの価格が高騰してしまうことです。そしてもう一つはみなさんが既に悩んでいるバッテリーの問題です。バッテリーの持ちはどんどん悪化して行くことでしょう。