スマートフォン(スマホ)はいわば「毎日持ち歩けるカメラ」

24th 2016 年, 01

最近ではカメラの機能性がさらに高まり、毎日の生活の中で「これ、いいな」と思う瞬間、風景、大切な人やペットなどを、手軽に残すことができるようになりました。もっと写真ライフが楽しくなるテクニックを学びたいですね。まずはスマホの持ち方をマスターしましょう。脇をきちんと締めて、スマホを固定します。もし近くにテーブルがあれば、スマホを持つ側のひじをつきましょう。ひじをつくことで1脚と同じ効果となって、さらに安定性が高まります。ズーム機能を駆使して、ひと味違う写真になります。スマホのカメラのほとんどは広角レンズなので、端にいくほど歪んで見えることになります。寄って撮影したい場合は、実際に近づくよりも、ズーム機能を使うと良いでしょう。被写体にフォーカスしつつ、背景にボケ味が加わって、雰囲気のある写真に仕上がります。ズームは使ってはだめという意見もありますがケースバイケースですよ。近くのイチゴにズームインして鮮やかなみずみずしさを捉えます。背景の葉っぱは柔らかな光に包まれている印象になりますよ。「あえて」逆光を使ってみましょう。普通では敬遠されがちな「逆光」を、あえてスマホで取り入れてみると
写真に奥行き感、立体感が出てドラマチックに変身します。さらにHDR機能を使うと露出補正を自動に行なってくれるので、逆光でも暗くなり過ぎる心配は無用です。

  • by admin

このエントリーのトラックバックURL