2016 年 2 月 のアーカイブ

“写真で見る人型ロボット「Pepper」 “

10th 2016 年, 02

2014年にソフトバンクモバイルが発表した、新型のAndroidならぬヒューマノイド「Pepper」です。大きさはどれくらい? 握手ができるって本当? 充電はどこから?いろいろな疑問があることでしょう。
ソフトバンクモバイルが、世界で初めて人間の感情を認識するという人型ロボット「Pepper」を発表、2015年2月に19万8000円(税別)で発売しています。Pepperは感情エンジンとクラウドAIを備えており、人との対話を通じて成長していくロボットなのです。ちょっと会話がかみ合わないこともありますが、ある程度のフリートークも楽しめるのが特徴です。
Pepperのサイズは485(幅)×1210(高さ)×425(奥行き)ミリ、重量は28キログラムで、子どもくらいのサイズと重さです。頭部にはマイクやタッチセンサー、胸部にはジャイロセンサー、手にはタッチセンサー、脚部にはソナーセンサーやジャイロセンサーなど、さまざまなセンサーを搭載しています。頭、肩、肘、手、首、腰などは可動して、人間のようなコミカルな動きを見せてくれます。何かの拍子にぶつかったらケガをすることが心配されますが、各種センサーが人や障害物を検知して衝突を防いでくれるのです。

2016 年 2 月 のアーカイブ

“写真で見る人型ロボット「Pepper」 “

10th 2016 年, 02

実質0円で販売するような極端な価格の端末の適正化を総務省がから要請されたニュースが話題となりました。
そこで初めての動きを見せたのがドコモです。
2月から月々割り引きをして本体代実質0円としてきた機種が撤廃をされるそうです。
特に人気もあり、購入もしやすかったiPhone6sなどが、影響があるのではないかとされています。
結果一万円ほど値上げとなるので、今月中に機種変更を検討する人が増えるのではないかとされているのです。
ちなみにもう一つ要請されていたスマホの通信料の値下げがまだ何の発表もないので結果負担が増えるとの声もいろいろ上がっているそうで、ユーザーの中にも波紋を広げています。
個人的な話、私は通信料の高さから、電話をあまり利用しないので、スマホを解約して、主人の二台持ちのタブレット端末を利用しています。
そうやって消費者がどうにかやすく抑えようと四苦八苦しているのに、どんどん値上げだけ進むとユーザーにとっては困ったという声が上がるのは当然ですね。
おそらくドコモだけではなく他の会社も足並みを揃えると思われるスマホ業界。是非皆さんも損をしないようその動向を注視することをお勧めします。スマホの初期化と復元を学べば、深刻なトラブルも怖くない! | Galaxy

2016 年 2 月 のアーカイブ

“写真で見る人型ロボット「Pepper」 “

10th 2016 年, 02

各社からさまざまな新製品が発表された今年のCES 2016です。それでもモバイル関係では目立った動きは無く、フラッグシップモデルの発表は2月のMobile World Congressとなるようです。そのような中で、Windows 10スマートフォンにはちょっとした面白い動きがありました。Alcatel(TCL)から新製品が2モデル発表されたのです。実はWindows 10スマートフォンは海外ではまだMicrosoftのLumiaしかありません。他のメーカーもいくつか製品アナウンスは行っているものの発売時期は未定となっているのです。そのような中で2015年の年末に立て続けにWindows 10スマートフォンが発売・発表された日本が世界の先を走っているという面白い状況になっているのです。AlcatelのWindows 10スマートフォンの1モデル「Alcatel Fierce XL」はチップセットにQualcommのSnapdragon 210を採用していることからわかるようにエントリークラスのモデルだです。しかし、ディスプレイは5.5インチと大きく(解像度はHD)、メモリもRAM2GB+ROM16GBとがんばった仕様になっている。価格は100ドル台でアメリカのT-Mobileから発売される予定だということです。
 

2016 年 2 月 のアーカイブ

“写真で見る人型ロボット「Pepper」 “

10th 2016 年, 02

iPhoneもいいけど、auスマホ 自由性の高い Androidスマホがいいという声も最近たくさん聞くようになって来ました。アプリが充実しているからであり、アプリ重視と言うことなら、iPhoneを選択すると損したと言うことが今後あるかもしれません。

Androidスマホは、アプリをダウンロードすれば、端末仕様を操作もできたりするので、スマホオタクというような人たちは現在、間違いなくiPhoneでなく、Androidを支持しているようです。

そして、そのようなスマホオタクの人たちが選択しているスマホはと言えば、例えばXperia Z5 SOV32 です。是非参考にしてみましょう。

MNPを利用すると0円で手に入れることができるというの魅力。2300万画素のカメラを内蔵していて、5.2インチのワイド液晶です。今回のスマホ機種は、通話品質がより向上されていることによって、通話相手の声が聞き取りやすくなったとも言われています。

volte対応機種であることで、 圏外になる確率は他のスマホ機種より高くなってしまったとのことですが。

ドコモのスマホで、サクサク快適スマホライフするなら!こちら